• アクセス
  • 会社案内
  • 最終更新日
 

ホーム > 一般・図書館向け > 文芸・読みもの > 人間の記録164 塚本幸一

人間の記録164 塚本幸一

人間の記録164 塚本幸一

わが青春譜

 

人間の記録164 塚本幸一

カタログPDF

編著者

塚本幸一

巻数

全1巻

体裁

四六判・上製・カバー装・209p

本体 1,800円+税
ISBN 978-4-8205-9737-7
刊行年

2004年05月刊

女性下着業界のトップメーカーを育て京都の発展に尽力した実業家
女性ファッション企業「ワコール」創業者が若き日を綴った青春記! 京都で婦人洋装装身具卸の和江商事を設立、下着ファッション化の波にのり急成長をとげた、女性ファッション企業「ワコール」の創業者・塚本幸一が、若き日を綴った青春記。

 
アマゾンco.jp
honto
紀伊国屋書店
三省堂書店
MARUZEN JUNKUDOネットストア
e-hon
セブンネットショッピング
楽天
Honya Club.com
 

底 本

1986年刊「わが青春譜」

特 色

塚本幸一
1920-98。宮城県生まれ。旧制八幡商業卒。第二次世界大戦で徴兵されインパール作戦に参加、九死に一生を得て復員。1946年(昭和21)、京都で婦人洋装装身具卸の和江商事(現ワコール)を設立。下着ファッション化の波にのり急成長をとげる。京都商工会議所会頭、日本商工会議所副会頭をつとめた。1990年(平成2)勲二等瑞宝章を受章。

内容構成

第1章  大正九年九月十七日
第2章  おばこ草の詩
第3章  八幡商業時代
第4章  社会人第一歩
第5章  大日本帝国軍人
第6章  身代り菩薩
第7章  軍事郵便
第8章  死を覚悟して

(つかもと こういち)
1920 年(大正9)  滋賀県生まれ
1938 年(昭和13) 旧制八幡商業卒業
1944 年(昭和19) インパール作戦に参加
1949 年(昭和24) 和江商事を創業
1964 年(昭和39) ワコールの社長になる
1978 年(昭和53) 京都服飾文化財団を設立
1990 年(平成2)  勲2 等瑞宝章を受章
1998 年(平成10) 78 歳で死去

 家業の繊維問屋を手伝いながら、“近江商人の士官学校”といわれた旧制八幡商業を卒業。応召して1944年(昭和19)にインパール作戦に参加し、軍部は劣勢を挽回するためにインド進攻作戦を展開しますが、大雨で補給路が絶たれて敗退。京都からこの作戦に参加した同年兵55人のうち生還者が3人という、まさに九死に一生をえて1946年に復員します。
 「兵隊に行くまでの私は、(略)“私的”なことを目標にしていた。だが、軍隊という苛酷な社会で鍛えられ、戦火の中をくぐり抜けているうちに、もう一人の“塚本幸一”が生まれた」(自伝より)
 こうして第二の人生を決意し、1949年にはアクセサリーやブラジャーを扱う和江商事を創業し、その後、株式会社に改めて社長に就任。1964年にはワコール販売を吸収合併してワコールと改称し、女性下着の国内トップメーカーに育てあげました。
 その間、ヨーロッパの事情を視察したり、数万人のデータを集めて日本人に合ったパターンやデザインを開発し、創立10周年を迎えた翌年には新本社ビルを新築し、雑誌などで“ブラジャーでビルを建てた近江商人”とはやされました。
 1984年には実質上社長業を長男に譲って会長になりますが、その間、1978年に西洋の服飾史料6,000点を収蔵する京都服飾文化財団を設立。その後、平安建都1200年事業など京都経済の発展に尽力し、「天皇陛下の京都還幸」を提唱しました。
 また、経済審議会、歴史的風土審議会、国土審議会の各委員や京都経済同友会の特別幹事、フィリピンの京都駐在名誉総領事、京都市社会教育振興財団の理事長などを歴任し、京都財界のトップとして活躍し、1983年から約10年にわたり、京都商工会議所の会頭も務めました。

▲ページトップへ  戻る