• アクセス
  • 会社案内
  • 最終更新日
 

ホーム > 学術資料 > 学術資料 > 文学 > 佐藤惣之助全集

佐藤惣之助全集

佐藤惣之助全集

 

佐藤惣之助全集

カタログPDF カタログPDF

解説

澤 正宏(福島大学教授)

巻数

全3巻

体裁

A5判・上製・総約1,000頁(各巻平均330頁)

本体 揃:45,000円+税
ISBN 978-4-284-70012-2 NDC 918.68
刊行年

2006年01月刊

「詩人」としてのみならず、俳人・随筆家としても著名な佐藤惣之助の世界への旅が今はじまります。

〈おすすめ先〉
大学図書館・公共図書館・日本文学研究者・文学資料館ほか

 
アマゾンco.jp
honto
紀伊国屋書店
三省堂書店
MARUZEN JUNKUDOネットストア
e-hon
セブンネットショッピング
楽天
Honya Club.com
 

底 本

『佐藤惣之助全集』 全3巻(昭和18年 櫻井書店)

特 色

生涯に20数冊の詩集のほか、多くの随筆集・ 句集を遺した惣之助の唯一の全集を復刻!

室生犀星の編集・校閲による豪華版!

復刻版刊行に当たり、新たに解説を第3巻 巻末に付す。

著者は、阪神タイガースの歌「六甲おろし」や「赤城の子守唄」「湖畔の宿」「人生劇場」など多数の歌謡曲の作詞者としても著名!

佐藤惣之助(さとう・そうのすけ)
1890-1942年。明治23年12月3日生まれ。大正から昭和前期の詩人。佐藤紅緑に俳句を学ぶ。干家元麿・高村光太郎らとまじわり、詩作に転じ、大正5年に第一詩集「正義の兜」を、翌年には「狂へる歌」を出版するなど、生涯に20数冊の詩集を執筆した。開放的な人柄のゆえもあって交友範囲が広く、同時に新人育成に貢献し、大正14年創刊の詩誌「詩之家」は78冊を数える間に多くの新人を送り出した。また随筆・釣りにも打ち込み、「釣と魚」「釣心魚心」などの著作を出した。昭和6年ごろから歌謡曲の作詞を手掛け、「赤城の子守唄」「人生劇場」その他かずかずの作詞をした。昭和17年5月15日、脳内出血のため逝去。

各巻構成

第1巻 詩集・上
朝紅/わたつみの歌/怒れる神/トランシット/情艶詩集/颶風の眼/華やかな散歩/荒野の娘/深紅の人/満月の川
第2巻 詩集・下
正義の兜
第3巻 随筆篇
釣の探求/水中の春/沖縄の風色/花猫遊草/枯野の王者/彼女は帰れり/野外手帖/薩摩/美しき寺/洗耳記/月に就いて/花と葉と/ほか三九篇を収録
【解説】 澤 正宏(福島大学教授)

内容構成

佐藤惣之助 略年譜
●明治23年(1890)
 12月3日、神奈川県川崎町に生まれる。佐藤家は代々東海道川崎宿の本陣として苗字帯刀を許されていた。
●明治30年(1897) 7歳
 川崎小学校尋常科に大学。
●明治34年(1901) 11歳
 同校高等科に大学。
●明治35年(1902) 12歳
 俳句を学び始める。
●明治36年(1903) 13歳
 東京麻布の糸商に見習いにはいる。
●明治37年(1904) 14歳
 佐藤酔花の俳名で句作を開始。
●明治38年(1905) 15歳
 佐藤紅緑・千家元麿と対面、師弟の縁を結ぶ。
●明治39年(1906) 16歳
 紅緑の秋聲会の同人となる。
●明治40年(1907) 17歳
 暁星中学付属仏語専修科に大学。
●明治43年(1910) 20歳
 小山内薫・吉井勇との交遊で劇作に熱中する。
●明治44年(1911) 21歳
 川田花社と結婚。
●大正元年(1912) 22歳
 千家元麿・福士幸次郎らと「テラコッタ」を創刊。
●大正2年(1913) 23歳
 「エゴ」の創刊により、劇作より次第に詩作に移ってゆく。
●大正5年(1916) 26歳
 東京天弦堂より第一詩集『正義の兜』を自費で出版。
●大正6年(1917) 27歳
 詩集『狂へる歌』を東京無我山房より出版。
●大正7年(1918) 28歳
 詩誌「大洋の岸辺」を創刊。
●大正9年(1920) 30歳
 詩集『満月の川』を叢文閣より刊行。
●大正10年(1921) 31歳
 詩集『深紅の人』を日本評論社より刊行。
●大正11年(1922) 32歳
 詩誌「嵐」を千家元麿・陶山篤大郎・後藤大治らと創刊。横浜より、沖縄・台湾などを旅行。詩集『荒野の娘』を東京・大鐙閣より刊行。詩集『琉球諸島風物詩集』を京文社より刊行。
●大正12年(1923) 33歳
 詩集『颶風の眼』をアルスより刊行。
●大正14年(1925) 35歳
 詩誌「誌之家」を創刊。詩話会誌「日本詩人」(新潮社月刊)の事実上の単独編集に当る。
●大正15年(1926) 36歳
 『情艶詩集』を新潮社より刊行。
●昭和3年(1928) 38歳
 横浜より満州・蒙古・朝鮮を旅行。
●昭和4年(1929) 39歳
 詩集『トランシット』を素人社より刊行。
●昭和5年(1930) 40歳
 随筆集『釣と魚』を武蔵野書院より刊行。随筆集『青神』を白帝書房より刊行。
●昭和7年(1932) 42歳
 『誌之家年刊詩集』発行される。参加同人惣之助ほか61名。レコ一ド歌謡に次第に才筆を促がされる。
●昭和8年(1933) 43歳
 妻花枝を失う。行年41歳
 萩原朔大郎の末娘周千と再婚。
●昭和9年(1934) 44歳
 随筆集『釣心魚心』を第一書房より刊行。上海・香港・広東・マニラを旅行。この年流行歌「赤城の子守唄」など多数ヒットする。
●昭和11年(1936) 46歳
 作品集『支那のランプ』を版画荘より刊行。詩文集『笑ひ鳥』を竜星閣より刊行。
●昭和13年(1938) 48歳
 久米正雄・林房雄・川口松大郎らと武漢攻略戦に従軍。
●昭和14年(1939) 49歳
 歌謡『愛国詩集』をむらさき出版部より刊行。従軍詩集『怒れる神』を足利書房より刊行。
この一年に歌謡二百篇余と雑文五、六百枚と自ら記す。
●昭和15年(1940) 50歳
 この頃、コロンビア・レコード会社の専属作詞家となる。
 佐藤紅緑・伊藤葦天・惣之助共同の句集『橿原と吉野』を詩之家より刊行。
●昭和16年(1941) 51歳
 随筆集『釣魚探求』を三省堂より刊行。詩集『わたつみの歌』を萩原朔大郎装幀で刊行。
●昭和17年(1942) 52歳
 5月15日、脳内出血のため永眠。

推薦のことば

「詩之家」の主人の精華をここに見る
竹松良明
(大阪学院短期大学教授)
 以前必要あって「詩之家」(大正14年創刊)の戦前分70冊を通覧したが、印象として何よりも鮮明だったのは、監修者たる佐藤惣之助の詩人としての人生の実質に触れる感があったことである。明治23年生まれの惣之助は、日夏耿之介や自鳥省吾と同年だが、文学史上の感覚からすれば、惣之助には彼らの次の世代かと見紛うものがある。それは惣之助のどこまでも現役の詩人として歩み続ける若々しい姿勢、そしてこの世における詩と詩人の役割についていささかも疑う必要のなかった幸福な芸術家の面影によるものに違いない。現在では稀覯となったこの全集は、そうした惣之助の詩生活の未だに消えやらぬ光芒に満ちている。

▲ページトップへ  戻る