• アクセス
  • 会社案内
  • 最終更新日
 

ホーム > 一般・図書館向け > 学校図書館向け > ヒーロー&ヒロインに会おう!古典を楽しむきっかけ大図鑑

ヒーロー&ヒロインに会おう!古典を楽しむきっかけ大図鑑

ヒーロー&ヒロインに会おう!古典を楽しむきっかけ大図鑑

 

ヒーロー&ヒロインに会おう!古典を楽しむきっかけ大図鑑

カタログPDF 内容見本

監修

齋藤孝

巻数

全3巻

体裁

A4判上製・各巻48ページ・オールカラー

本体 揃:10,800円+税
各:3,600円+税
ISBN 978-4-284-70077-1 NDC019
刊行年

2013年04月刊

古典学習のスタートはこの図鑑から!
『古事記』、『源氏物語』、『平家物語』などの日本の古典文学作品と、『羽衣』(能)、『勧進帳』(歌舞伎)、『附子』(狂言)、『寿限無』(落語)などの古典芸能作品のなかから、魅力ある主人公や登場人物54人をヒーロー、ヒロインとして選び、作品世界とともに、時代別3巻に分けて紹介します。

 
アマゾンco.jp
honto
紀伊国屋書店
三省堂書店
MARUZEN JUNKUDOネットストア
e-hon
セブンネットショッピング
楽天
Honya Club.com
 

特 色

古典の世界のヒーロー&ヒロインが大集合!ひと目で作品全体が見わたせる、絶好の古典ガイドの誕生です!

ヒーロー&ヒロインとクライマックス・シーンがひと目でわかる!
総勢14名のイラストレーターによる多彩な表現で、新しいヒーロー&ヒロイン像を描いています。一気に作品世界に近づけ、豊かな古典世界に親しむ「きっかけ」が生まれます。

1 日本の古典文学作品と能、歌舞伎、狂言、浄瑠璃、落語など古典芸能作品の中から、魅力ある主人公や登場人物の一人をヒーロー、ヒロインとして選び、作品世界とともに、時代別3巻に分けて紹介します。
 ※人物は各巻18人、総計54人。『源氏物語』や『平家物語』など1作品から2〜4人採るものも数点あり、作品数は総計43。

2 ヒーロー、ヒロインの人物像や作品の一場面をイラスト中心に描き、ほかの登場人物や作品全体を把握できるよう1作1見開きで構成します。

3 ヒーロー、ヒロインの性格やプロフィール、作品のあらすじや場面の説明はわかりやすく簡潔な文章でまとめています。コラム欄では作者や作品背景など、基本的な古典知識を伝えます。

4 対象は小学校中学年以上ですが、低学年の児童も楽しめるよう、漢字は総ルビにしています。小・中学校の国語の教科書でとりあげられている作品や作家も含まれています。

5 巻末には、作品を楽しむための資料、年表、読書案内、索引を付しています。

各巻構成

第1巻 神話から物語へ
―鎌倉・室町時代
width="80""国づくりに活躍する神様や、
平安京の貴族社会のヒーロー&ヒロインを紹介。

【紹介人物】

伊邪那岐命(古事記)/天照大御神(古事記)/大国主神(古事記)/
八束水臣津野命(出雲国風土記)/聖徳太子(日本霊異記)/
かぐや姫(竹取物語)/男(在原業平)(伊勢物語)/落窪の君(落窪物語)/
光源氏(源氏物語)/紫の上(源氏物語)/朧月夜の君(源氏物語)/明石の君(源氏物語)/
中将(堤中納言物語 花桜折る少将)/男(堤中納言物語 はいずみ)/中納言(とりかへばや物語)/
藤原道長(大鏡)/盗人(今昔物語集)/禅智内供(今昔物語集)/

本体:3,600円+税
A4判・上製・48ページ
本文:オールカラー
ISBN978-4-284-70078-8 NDC019
第2巻 戦乱の世の中で
―鎌倉・室町時代
width="80""武功・名誉を求める武士や、
したたかに生き抜く庶民のヒーロー&ヒロインを紹介。

【紹介人物】

長谷寺参籠の男(宇治拾遺物語)/女(宇治拾遺物語)/安倍晴明(古今著聞集)/
平清盛(平家物語)/木曽義仲(平家物語)/源義経(平家物語)/仁和寺の法師(徒然草)/
楠木正成(太平記)/曽我五郎時宗(曽我物語)/一寸法師(一寸法師)/
ものくさ太郎(ものくさ太郎)/鉢かづき(鉢かづき)/イソポ(伊曽保物語)/
<能>より―白拍子(道成寺)/天人(羽衣)/源頼光(土蜘蛛)/
<狂言>より―太郎冠者(附子)/山伏(柿山伏)

本体:3,600円+税
A4判・上製・48ページ
本文:オールカラー
ISBN978-4-284-70079-5 NDC019
第3巻 「浮世」ってなに?
―江戸時代
width="80""江戸時代に花開いた町人文化のなかで、
人気を博したヒーロー&ヒロインを紹介。

【紹介人物】

一休(一休咄)/八百屋お七(好色五人女)/藤屋市兵衛(日本永代蔵)/
崇徳院(雨月物語 白峰)/磯良(雨月物語 吉備津の釜)/源為朝(椿説弓張月)/
伏姫(南総里見八犬伝)/喜多八(東海道中膝栗毛)/お長(春色梅児誉美)/
<浄瑠璃>より―お初(曽根崎心中)/大星由良之助(仮名手本忠臣蔵)/
<歌舞伎>より―お岩(東海道四谷怪談)/弁天小僧菊之助(青砥稿花紅彩画)/石川五右衛門(桜門五三桐)/
お嬢吉三(三人吉三廓初買)/武蔵坊弁慶(勧進帳)/<落語>より―熊五郎(寿限無)/松(まんじゅうこわい)

本体:3,600円+税
A4判・上製・48ページ
本文:オールカラー
ISBN978-4-284-70080-1 NDC019

刊行のことば

古典の登場人物になってみよう
齋藤孝(明治大学文学部教授)

古典を楽しむのに一番いいのは、登場人物になってみること。神話の神になったり、姫になったり、武士になったり。自分がヒーロー、ヒロインになった気分で読めば、古典はわかりやすくなる。この本は、ヒーロー、ヒロインの気持ちになりやすいように工夫しています。
イラストと説明で人物のイメージをつくって、あらすじを読む。そしてクライマックス・シーンを楽しむ。原文(昔の言葉)のところは音読してみてください。見開きでパッと古典の面白さがわかるようになっています。
『源氏物語』や『平家物語』のような物語から、能、歌舞伎、狂言、浄瑠璃、落語など、いろいろな作品を取りあげています。入り口はたくさんあります。この本をきっかけにして、古典の森に入っていってください。一生の宝になる古典との出会いの場、それがこの本です。

推薦のことば

日本人としての心を育てるために
林 望

古典文学は、祖先から千数百年にもわたって読み継がれてきた。それは読んで面白く、感動するものだったからだが、古文というと、とかく古語文法の暗記などをさせられて、退屈・難解だと敬遠されがちである。しかし、古典は決して難解でも退屈でもなく、生きた人間の、溌剌とした、共感できる心が描かれているのだということを、まっさらな子供たちの心に教えておきたい。そして、ああ面白いなと思ったら、やがて原典を読むようになっていくだろう。それこそが、この日本の言葉と文化を愛する「美しい愛国心」を育てるのだ。その意味で、本書を活用してもらいたいと思うのである。

▲ページトップへ  戻る