• アクセス
  • 会社案内
  • 最終更新日
 

ホーム > 一般・図書館向け > 学校図書館向け > 学術資料 > 近現代史 > 社会学 > 文化・生活 > 目で見る 日本の博覧会

目で見る 日本の博覧会

目で見る 日本の博覧会

 

目で見る 日本の博覧会

カタログPDF

編著者

橋爪紳也・中谷作次 著

巻数

全1巻

体裁

A4判・上製・約140頁(カラー72頁)

本体 28,000円+税
ISBN 978-4-284-40213-2
刊行年

2013年06月刊

博覧会、百花繚乱。

明治から昭和まで。日本各地で人々を未知の世界へと誘った、大小さまざまな博覧会の数々。
それらを色鮮やかでデザイン性豊かなポスターや絵はがき等の貴重な資料とともに巡る!

おすすめ先
日本近代史、社会学、生活文化史、美術史の研究者/公共図書館/大学・専門図書館など

 
アマゾンco.jp
honto
紀伊国屋書店
三省堂書店
MARUZEN JUNKUDOネットストア
e-hon
セブンネットショッピング
楽天
Honya Club.com
 

底 本

『博覧会見物』(橋爪紳也・中谷作次 著/学芸出版社/1990年)

【著者紹介】
橋爪紳也 (はしづめ しんや)
1960年-。大阪市生まれ。大阪府立大学特別教授。建築史・都市文化論専攻。工学博士
1984年京都大学建築学科卒業、1986年同大学院修士課程修了。1990年大阪大学大学院博士課程修了。以後、京都精華大学助教授、大阪市立大学教授を歴任。2012年大阪府市の特別顧問に就任。その他、行政の審議会や地域のまちづくりに関わる委員を多数務める。
著書に、『倶楽部と日本人』(学芸出版社/1989年)、『商都のコスモロジー――大阪の空間文化』(共編者、TBSブリタニカ/1990年)、『増補 明治の迷宮都市――東京・大阪の遊楽空間』(筑摩書房/2008年)、『広告のなかの名建築 関西編』(鹿島出版会/2013年)などがある。

中谷作次 (なかたに さくじ)
1916-2011年。大阪府生まれ。
旧制商業学校卒業、1975年東大阪市役所退職。同年新聞文化資料館を開設、館長として新聞関係資料の公開と資料の貸し出し、展示会の開催等に尽力した。博覧会研究協会評議員、東大阪市文化財保護委員を歴任。

特 色

1 日本人のイメージの中にある「博覧会」を再構成!
日本有数の博覧会資料収集家・中谷作次(元 新聞文化資料館館長)の貴重なコレクションをもとに、まちづくりや都市文化の研究をはじめ多彩にに活躍する建築史家・橋爪紳也(現 大阪府市特別顧問)が、日本人のイメージの中にある「博覧会」をビジュアルに再構成! 
 
2 ポスターや絵はがきなど約200点余りの図版を収録!
明治から昭和まで、万国博や地方博など全国各地で開催された大小さまざまな博覧会の数々を、色鮮やかでデザイン性豊かなポスターや絵はがき、チケットなど約200点余りの図版とともに巡る!

3 デザインや広告、テーマパークに関心のある方にも!
巻末には、中谷作次によるエッセイ「博覧会と私」のほか、1871(明治4)年から1990(平成元)年までを収めた「博覧会年表」を附す。日本近代史や社会学、生活文化史などの研究者のほか、広くデザインや広告、イベント、テーマパークの変遷等に関心のある方にもおすすめ!

内容構成

 

目次
 
はじめに/祝祭の記録術
1 ポスター/誘惑する貼紙
2 絵はがき/絵はがきの宇宙
3 チケット/異界へのパスポート
博覧会と私  中谷作次
博覧会年表/おわりに

刊行のことば

祝祭のかすかな記憶をつむぎあわすことで、博覧会という仮設空間の変遷について、さらには博覧会が魅力的であった時代について、あらためて想いを馳せていただければ幸いである…。
橋爪紳也(本書「はじめに」より)

▲ページトップへ  戻る