• アクセス
  • 会社案内
  • 最終更新日
 

ホーム > 一般・図書館向け > 学校図書館向け > 文芸・読みもの > こんなこいるかな【新装版】

こんなこいるかな【新装版】

こんなこいるかな【新装版】

 

こんなこいるかな【新装版】

カタログPDF

編著者

有賀 忍

巻数

全12巻

体裁

B5判変型・ハードカバー/各巻18頁・オールカラー

本体 揃:8,400円+税
各:700円+税
ISBN 978-4-284-20326-5 NDC 726
刊行年

2015年10月刊

NHK「おかあさんといっしょ」で大人気だった!
12人のおともだちが帰ってきたよ!!

きみが いるから おもしろい!
ただいま!! 「こんな こ いるかな」

   

 
アマゾンco.jp
honto
紀伊国屋書店
三省堂書店
MARUZEN JUNKUDOネットストア
e-hon
セブンネットショッピング
楽天
Honya Club.com
 

特 色

『こんな こ いるかな』を覚えている?
『こんな こ いるかな』は昭和61年から約20年、NHKの幼児番組「おかあさんといっしょ」のなかで放送されたアニメ番組です。いやだいやだのやだもんをはじめ、こわがりやのぶるる、いたずらっこのたずらなど、個性あふれる12人のキャラクターたちが活躍するこの作品は、子どもたちの間で大人気となり、一大ブームになりました。あれから20年以上が経ち、多くのリクエストによって、新装版「こんな こ いるかな」として、みなさんのもとに帰ってきました!
        

各巻構成

1.いやだ いやだの やだもん
width=""

●2015年02月刊行

本体:700円+税
B5判変型・ハードカバー/18頁・オールカラー
ISBN978-4-284-20314-2

2.こわがりやの ぶるる
width=""

●2015年02月刊行

本体:700円+税
B5判変型・ハードカバー/18頁・オールカラー
ISBN978-4-284-20315-9

3.いたずらっこの たずら
width="80"

●2015年02月刊行

本体:700円+税
B5判変型・ハードカバー/18頁・オールカラー
ISBN978-4-284-20316-6

4.わすれんぼうの ぽっけ
width="80"

●2015年05月刊行

本体:700円+税
B5判変型・ハードカバー/18頁・オールカラー
ISBN978-4-284-20317-3

5.くいしんぼうの もぐもぐ
width="80"

●2015年05月刊行

本体:700円+税
B5判変型・ハードカバー/18頁・オールカラー
ISBN978-4-284-20318-0

6.ちらかしやの ぽいっと
width="80"

●2015年05月刊行

本体:700円+税
B5判変型・ハードカバー/18頁・オールカラー
ISBN978-4-284-20319-7

7.あいでぃあまんの ぴかっと
width="80"

●2015年07月刊行

本体:700円+税
B5判変型・ハードカバー/18頁・オールカラー
ISBN978-4-284-20320-3

8.がんばりやの がんがん
width="80"

●2015年07月刊行

本体:700円+税
B5判変型・ハードカバー/18頁・オールカラー
ISBN978-4-284-20321-0

9.まねっこの まねりん
width="80"

●2015年07月刊行

本体:700円+税
B5判変型・ハードカバー/18頁・オールカラー
ISBN978-4-284-20322-7

10.しりたがりやの なあに
width="80"

●2015年10月刊行

本体:700円+税
B5判変型・ハードカバー/18頁・オールカラー
ISBN978-4-284-20323-4

11.わらいんぼうの げらら
width="80"

●2015年10月刊行

本体:700円+税
B5判変型・ハードカバー/18頁・オールカラー
ISBN978-4-284-20324-1

12.いつも しんせつな はっぴ
width="80"

●2015年10月刊行

本体:700円+税
B5判変型・ハードカバー/18頁・オールカラー
ISBN978-4-284-20325-8

 

【ページ見本】(クリックするとおおきくなるよ)
width=320 width=320 width=320

刊行のことば

おうちのかたへ

人はみな同じではない。顔や体や性格が違うのは当たり前。よい子・悪い子なんて考えもしない。ただ、いろんな子がいるんだということを、ユーモラスなストーリーでおおらかに描きました。それは、子どもたちに「きみがいるからおもしろい」ということを伝えたかったからです。
子どものあるがままの姿を認めて、ぜひ長い目で、個性の萌芽をじっと見守ってあげてください。

有賀 忍

▲ページトップへ  戻る