• アクセス
  • 会社案内
  • 最終更新日
 

ホーム > 一般・図書館向け > 学校図書館向け > 「赤ちゃんってどうやってできるの?」にきちんと答える親になる!

「赤ちゃんってどうやってできるの?」にきちんと答える親になる!

「赤ちゃんってどうやってできるの?」にきちんと答える親になる!

 

「赤ちゃんってどうやってできるの?」にきちんと答える親になる!

監修

のじま なみ(性教育アドバイザー/とにかく明るい性教育【パンツの教室】協会代表理事)

巻数

全1巻

体裁

A5判/136頁

本体 1,300円+税
ISBN 978-4-284-20469-9 C0037
刊行年

2020年04月刊

日本テレビ「スッキリ」 TBS「グっ!とラック!」
「AERA with Kids」「日経DUAL」
「のびのび子育て」「kodomoe」 など、
メディアで話題の性教育アドバイザーがはじめてつくった
【3〜10歳児の親】必読の性教育マンガ!

親の「まだ早い」はいつだって「もう遅い」んです!
性を隠して遠ざけるのではなく、学び伝える時代がもう来ています!

性犯罪、セックス、命の誕生、心と体の変化、インターネットとのつき合い方……
この1冊ですべてわかります!!!

 
アマゾンco.jp
honto
紀伊国屋書店
三省堂書店
MARUZEN JUNKUDOネットストア
e-hon
セブンネットショッピング
楽天
Honya Club.com
 

内容構成

全国17,000人のママ・パパが学んだ!笑った!救われた!
“爆笑”と“涙”の性教育がマンガになりました
 



👶 👶 👶 👶 👶 こんな人におすすめ!!👶 👶 👶 👶 👶 


🍼子どもに「赤ちゃんってどうやってできるの?」と聞かれて困ったことがある
 

🍼性教育は必要だと思うけど、なにからはじめればいいかわからない
 

🍼性犯罪のニュースを見るたび、わが子のことが心配になる
 

🍼「性教育をすると、かえって子どもが早熟になるんじゃないの!?」と思っている
 

🍼子どもの下ネタをやめさせたい……

 

👶 👶 👶 👶 👶 目次 👶 👶 👶 👶 👶 


プロローグ

はじめに

登場人物紹介


第1章 性教育はメリットしかない!
 

第2章 性教育は3〜10歳で行うべし!
 

第3章 性教育の壁を乗り越えよう!
 

第4章 親から子へ、命の授業!
 

エピローグ

おわりに


コラム

・日本人の性教育は遅れてるって本当?

・性教育はやっぱり母親がやるべき?父親の無関心な態度にイライラする!

・性教育の話をしたら、ママ友や祖父母にドン引きされた……ほか

 

 【ページ見本】(クリックするとおおきくなるよ)
width=320width=320
width=320width=320
width=320

 
 

刊行のことば

監修者略歴:のじま なみ
性教育アドバイザー。とにかく明るい性教育【パンツの教室】協会代表理事。
防衛医科大学校高等看護学院卒業後、看護師として泌尿器科に勤務。夫と3人の娘の5人家族。
「子どもたちが危険な性の情報に簡単にアクセスできる世界にいること」に危機感を抱き、
2018年、「とにかく明るい性教育【パンツの教室】協会」設立。家庭でできる楽しい性教育を伝える。
2020年3月現在、インストラクターは海外ふくめ200名。メルマガ読者は17000名を超える。
テレビをはじめ、新聞、雑誌など、国内外のメディアから多数の取材を受ける。
また、幼稚園、保育園、小学校、中学校、行政、企業などから要請を受け、全国で年間70回以上講演。
著書に『お母さん! 学校では防犯もSEXも避妊も教えてくれませんよ!』(辰巳出版)、
『男子は、みんな宇宙人!』(日本能率協会マネジメントセンター)などがある。

▲ページトップへ  戻る