• アクセス
  • 会社案内
  • 最終更新日
 

ホーム > 会社案内

会社案内

会社名株式会社 日本図書センター (かぶしきがいしゃ にほんとしょせんたー)
代表取締役高野義夫
創業1975(昭和50)年
主な出版分野総記・新聞・教育・福祉・歴史・文学・伝記・女性・体育・思想・宗教
出版点数約2,300点(2016年12月現在)
本社〒112-0012 東京都文京区大塚3-8-2  会社周辺の地図
Tel. 03-3947-9387(代表)
Fax. 03-3947-1774(代表)
E-mail info@nihontosho.co.jp(お問い合わせ、カタログ請求などこちらにご連絡ください)

日本図書センターは、1975(昭和50)年に創業いたしました。当初より一貫して人文・社会科学の学術資料の出版を機軸とし、2015(平成27)年にはおかげさまで創立40周年を迎え、これまでの刊行総点数はのべ2,300点となりました。
小社を代表する事業として、1987年に刊行を開始した『朝日新聞〈復刻版〉』『朝日新聞〈縮刷版〉』シリーズがございます。東京朝日新聞の創刊号(明治21年7月 10日)から昭和30年版までを継続して復刻する壮大な企画であり、20世紀を総括するレファレンスとして大学・公共図書館を中心に幅広くご活用いただいております。2008年7月に刊行された昭和2年版をもって『朝日新聞』シリーズは堂々完結となりました。

1990年代からは出版活動の分野を少しずつ拡げ、小・中学校および公共図書館を対象とする大型ビジュアル書籍、さまざまな分野で活躍した人物の自伝を集める『人間の記録』『作家の自伝』シリーズ、日本の名詩集をとりあげる『愛蔵版詩集』シリーズなどを刊行しております。なかでも、戦争と平和について写真・絵画・日記・手記で伝える『平和図書館』シリーズは大きな反響を呼び、絵本、写真集、ビジュアル事典ほかさまざまな形態を通して、戦争と平和を考察すべく現在もシリーズを継続しております。

小社の刊行物の分野とその形態は多岐にわたっており、膨大な歴史資料を収めるマイクロフィルムやCD−ROM、教育・福祉分野の貴重な文献を収載する大型資料集などの学術書籍、そして近年では、小さな一冊の詩集や新たに編集された全集、新機軸の各種事典類など、そのラインナップは拡がり続けています。

今後も学術書の刊行を出版活動の中心にすえ、「平和・福祉・人間」のテーマのもと、次世代へのメッセージとなる企画を探り、複雑多様化する現代に即した出版、未来を模索するための手がかりとなる出版を目指してまいります。

おもな受賞・選定図書

1991年『小学生新聞にみる 戦時下の子供たち』*日本図書館協会選定図書
1993年『ヒロシマ ナガサキ原爆写真・絵画集成』*日本図書館協会選定図書
1994年『「戦争と平和」少年少女の記録』*第41回産経児童出版文化賞受賞
1995年『アイヌ民族写真・絵画集成』*日本図書館協会選定図書
1996年『写真・絵画集成 日本の子どもたち』『写真・絵画集成 日本の女たち』日本図書館協会選定図書
1998年小社の出版活動全体に対して梓会出版文化賞受賞
1999年『写真記録 チェルノブイリ消えた458の村』「平和・共同ジャーナリスト基金賞」第5回基金賞受賞
2000年『写真集成 日本の近代化遺産』*『目でみる 日本人物百科』*日本図書館協会選定図書
2002年『日本女性人名総索引』『シェイクスピア大事典』日本図書館協会選定図書
2003年『写真記録 パレスチナ』2003年度土門拳賞/日本写真協会賞受賞
2004年『原爆文献大事典』『憲法文献大事典』日本図書館協会選定図書
2005年『原爆写真 ノーモア ヒロシマ・ナガサキ』* 日本図書館協会選定図書
2006年『マーシャル諸島 核の世紀』2005年JCJ(日本ジャーナリスト会議)賞受賞
『日本女性文学大事典』『平和人物大事典』*日本図書館協会選定図書
2008年『「人名辞典」大事典』日本図書館協会選定図書/第5回ゲスナー賞銀賞受賞

*印は全国学校図書館協議会選定図書

採用情報はこちら

▲ページトップへ  戻る